厄祓いのことを知ろう

苦しみ

知らず知らずに厄年を気にしていたり、何か悪いことが続けばなにか巡り合わせが悪いのではないかと考えたり、日本人の生活には科学では説明できないものが根付いています。

だからこそ、厄祓いをして、少しでも悪いものを取り除こうとするのです。

しかし、そもそも厄とは何かという基本的なことを、理解している人はどれだけいるのでしょう。

厄とは辞書で災厄や人に降りかかる苦しみを意味するとされています。

この厄とは、自然に発生するものではなく、疫病神などがもたらすものと考えられています。

それゆえに、厄を避けるために神を饗応するなどの祭事が行われてきました。厄祓いは、厄除けとも呼ばれることがあります。

厄

基本的な考えとして、人生の節目に当たる厄年にはとりわけ大きい厄に遭遇すると考えられています。

そのときに厄祓いをすることで心身ともに清めて、災厄から身を守り運を開くと信じられているのです。

厄払いをする時期つまり厄年は、人生に男性は3回女性は4回あるとされています。

男性の場合25歳、42歳、61歳のが本厄で、前年が前厄で後年が後厄です。

一方女性の場合には19歳、33歳、37歳、61歳で同様に前厄と後厄があります。

特に男性の42歳と女性の33歳は、厄年の中でも最も運気が落ちる本厄として扱われ注意するべきだとされています。

陰陽道

この厄年が決められたのは、中国から渡ってきた陰陽道の考えが起源であるというのが一つの説です。

厄祓いをするタイミングは、伝統的井正月の松の内、そして節分と言われています。

ですが、厄は厄年だけでなく日々の生活で蓄積されていくものであり、こまめに厄祓いをすることで、清らかな生活を送ることも出来ます。

ある程度の規模の神社などでは、厄祓い祈願を毎日行っているところがありますから、インターネット等で調べてみることです。

厄除け

さて、具体的に厄祓いについてみていきます。 主にお寺か神社でやってくれるのですが、祈祷の流れは以下の通りです。

厄祓いをしたいところに連絡をしてから祈祷をしてもらう日を決めます。

毎日祈祷をしている場合には、受付時間に出向いて用紙に記入します。当日お堂か社務所に赴き、料金にあたる初穂料を渡します。

金額は寺、神社ごとに異なりますが、5000円、1000円前後程度がおおよその相場です。

そこから祈祷をする本殿、道内へと場所を移し、住職、宮司に祈祷を挙げてもらいます。

そのために名前など必要なことを尋ねられます。用紙に名前を記入している場合には不要です。

祈祷が終わったらお守りやお札などが渡されます。せいぜい30分程度です。

もらったお守りやお札は厄年の間身に着けて、終わったら境内やお堂に収めます。

一年間お守りやお札に守ってもらったという感謝の気持ちを込めて、神社であればお焚き上げ料、お寺であれば焼納料を添えます。