両親への喜寿祝いに選ばれる人気プレゼント

プリザーブドフラワー

プレゼント

 

両親への喜寿祝いのプレゼントは、大まかに分類するとふたつの方法に分類できます。

ひとつは「両親に同じものをプレゼントする」と言う方法です。

こちらは両親が喜寿を迎えるタイミングが同じである、または近いと言う場合には良いです。

そしてもうひとつは、「父親と母親に別々のプレゼントを贈ること」です。

こちらは喜寿を迎えるタイミングがばらばらであるとか、年齢が離れていて一緒にお祝いするのは難しいと言う場合に適しています。

 

旅行

 

海

 

ではまず前者の方法ですが、この場合に喜ばれる人気のプレゼントとして挙げられるのは旅行です。

喜寿祝いに限らず旅行を贈ると言うのは人気を集めており、それは物ではなく体験を贈ることができるからです。

また自分で旅行にはそれなりの金額がかかりますし、自分で手配をするのは手間であることも多いため、贈り物として最適であると言うのも人気の理由です。

もし、両親の希望の旅行先などがあればそれを聞き入れても良いですし、自分が行ってみて良かった場所なども選択できます。

夫婦ふたりで、ゆったりと過ごせるような場所を選ぶのがひとつのポイントです。

ただ旅行は、両親の体調や予定を鑑みる必要があると言うのが注意点です。

ですからもし、それらを把握するのが難しい場合は旅行券や宿泊券を贈ってみても良いかもしれません。

 

食事

 

また体調的に旅行が難しい場合は、レストランや料亭での食事を贈るのも素敵です。

両親と離れて暮らしているのであれば、この機会に一緒に食事をすると言うのも素敵な思い出になります。

それからおそろいの食器、湯呑みなどを贈るのもおすすめです。

これからも仲良く、一緒に末永く生活を送り続けて欲しいと言う願いを込めて贈ることができるので、両親にもきっと喜んでもらえるはずです。

 

日用品

 

タオル

 

またおそろいのものでなくても、両親の生活空間を彩るような日用品を贈ってみても良いかもしれません。

日用品はいくらあっても困るものではありませんし、高級なものは憧れはあるけれど自分では買わないと言う人も少なくありません。

ですからそうしたものはプレゼントにとても適していると言えます。

具体的には高級タオルで有名な今治タオルや、凝ったデザイン、精巧なものであれば非常に高い金額がする時計などがおすすめです。

更に食べることが好きな両親であれば、食べ物も贈り物になり得ます。

お肉やお魚は勿論、日常生活に欠かせないお米などもうってつけです。

日本は美味しい食べ物がとても多くある国ですし、現代ではネットでそれらを購入することも簡単です。

 

お酒

 

ウイスキー

 

次に後者の場合、父親と母親、別々に贈るパターンですが、まず父親への贈り物として考えられるのは、お酒です。

飲むことが好きだと言う父親であればこれはとても喜ばれます。

お酒と言っても日本酒、ビール、ウィスキーや焼酎と種類は豊富なので、まずは父親がどのお酒を好んでいるのかを把握しておくべきです。

こちらも日本各地に銘酒と呼ばれるものがありますし、インターネットを利用すれば海外の希少なお酒も購入できます。

お酒と一緒におつまみ、更にグラスなどを贈ってみるとなお良いかもしれません。

 

趣味に関する物

 

それからアクティブに体を動かす趣味を持っている父親であれば、それに適したグッズも喜寿祝いに適しています。

たとえばゴルフなどのスポーツグッズや、パソコンを楽しんでいる父親であればその周辺グッズなどです。

あるいは体の疲れをとるようなものを贈るのも方法です。

 

ファッショングッズ

 

一方の母親の場合にはファッショングッズを贈ると喜ばれる可能性が高いです。

年だからとおしゃれを諦めてしまっている母親であれば、一緒に買い物に出かけるのもおすすめです。

 

プリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワー

 

それからお花で、贈り物の代表格とも言えるお花ですが、もらった後、手入れする必要があると言うのがひとつのデメリットです。

しかしこれも、プリザーブドフラワーと呼ばれる、特殊な加工を施したお花であればそのような必要はなくなります。

その上、プリザーブドフラワーはその美しさを長きにわたり楽しむことができるので、受け取った側も、受け取った時の喜びなどをいつまでも覚えておくことができます。

プリザーブドフラワーはアレンジを加えることも可能ですから、花時計のようにして見たり、ぬいぐるみやハンカチとセットにして贈ってみると、より豪華さが増します。

それから日頃の家事の疲れを癒やすようなグッズも、母親にはぴったりです。

 

マッサージチェア

 

マッサージチェアであれば父親と一緒に使うこともできますし、ちょっと高級なバスソルトであれば入浴タイムを癒やしのひと時に変えることができます。

また女性と言えば、やはり甘い物が好きと言う方は多いですから、デザートやスイーツを贈ってみても良いです。

それらを一緒に食べると言うのも素敵な思い出になります。

喜寿祝いのプレゼントは、何を贈るかと言ったことも大切ですが、やはりそこに気持ちを込めることが重要です。

ですからどんなものを贈ったにしても、そこに一言、喜寿を迎えたお祝いとこれまでの感謝の気持ちを込めたメッセージなどを添えておくのが望ましいです。

 

参考になる記事:男女別!喜寿祝いに向けて知っておきたい選び方とおすすめプレゼント10選