母の傘寿祝いに贈って良いものと駄目なもの

母の傘寿祝いに贈って良いものと駄目なもの

傘寿は、80歳を迎えたことをお祝いする風習です

大切なお母さんが80歳を迎えた時には、日頃の感謝の気持ちを込めてお祝いしてあげましょう。

しかし、そこで悩むのがプレゼント選びですよね。母に傘寿祝いを贈る時に何を贈れば良いのか分からない方は多いでしょう。

傘寿のお祝いとして定番のアイテムや人気のプレゼントはありますが、基本的には本人が喜ぶものであればOKです。ただし、縁起的に選んではいけないもの、避けた方が良いものが存在します。

縁起を気にするかどうかは、個人の考え方によるという意見もあるでしょう。確かに、昔は縁起が悪いとされたアイテムが、近年では人気のプレゼントの1つに数えられることはあります。

しかし、良かれと思ってプレゼントしたものが嫌がられたり、使われなかったりすることもありますから、よく考えて選ばなければなりません。

そこで、どんなものを選んで良いのか、贈ってはダメなのかを考えてみましょう。

 

母の傘寿祝いにNGなギフト

だめ、というサインをする女性

まず傘寿祝いとして贈ってはいけないものですが、意外とたくさんあります。

傘寿以外にも還暦や古希や喜寿など祝いの日はたくさんありますが、どれもがこれからの健康などを願うためにプレゼントを贈ります。

その時に贈ってはいけないのが、悪いイメージを連想させるものであり、それが良いアイテムや便利なものであっても避けなければなりません。

縁起が悪いとされるものや、老いを感じさせるものなどが当てはまりますが、具体的にもう少し詳しく見ていきましょう。

まず、一見実用性が高く喜ばれそうな、寝具やパジャマです。

寝具やパジャマは生活をする上で欠かせないものになりますが、寝たきりになってしまうことを連想させてしまいます。

若い方であれば問題ないかもしれませんが、80歳の方に記念の品として贈られるものと考えた場合に合ってはないとされています。

体をしっかりと休ませて欲しい、という気持ちを込めてプレゼントしたくなる気持ちもわかりますし、中には傘寿を迎えるご本人から欲しいとリクエストがあるかもしれません。

寝具やパジャマなどをどうしてもプレゼントしたいものだったり、本人が欲しいと言っていた場合は、別の機会に贈られると良いでしょう。

本人が喜んでいれば良いという考え方もありますが、縁起を大切にするという意味で避けた方がベターです。

スリッパ

その他に縁起が悪いと言われるものは靴やスリッパなどの履物です。これは、地を足で踏みつけるものは失礼だという考え方が影響しています。

同じように靴下などもNGになるようです。

では、その他のものはどうでしょうか。

長寿のお祝いに避けた方が良いとされるものは、基本的にはプレゼント全般に該当するかもしれません。

例えば、白いハンカチや緑茶は葬儀を連想させるため良くないとされています。髪の毛をとかす櫛(くし)は、苦と死を連想させるため縁起が良くないと言われています

さらに、杖や補聴器、老眼鏡といったアイテムも、老いを感じさせるため避けた方が良いでしょう。

縁起物かどうか以外に考えるべきポイント

これまでご紹介した内容は、古くから伝わる慣習に基づいたものでした。しかし、傘寿のお祝いには縁起が良いかどうか以外にも、考えるべきポイントがあります。

まず、プレゼントの色についてです。長寿祝いには、それぞれシンボルカラーがありますが、シンボルカラーを意識しつつも明るめのものを選ぶのが良いとされています。もちろん、シンボルカラーにこだわりすぎる必要はありません。

縁起物や意味とは別に贈ってはいけないものや注意してほしいものとしてあるのが食品関係です。

名前入りのラベルが付けられた日本酒やビンテージワインが贈り物として人気ですが、健康上の問題で控えた方が良い方には避けた方が良いでしょう。

食べ物も同じになりまして、いくら好物だからといって健康に悪いものや影響がでるものは控えた方が賢明ですし、無責任なプレゼントは避けてください。

さらに、食品関係では本人の体調にも考慮する必要があります。

傘寿を迎える年齢にもなると、持病の治療に通っている方も多いでしょう。病気によっては、食事制限があったり、食べることのできない食材がある可能性も考えられますので、事前によく確認しておく必要があります。

母の傘寿祝いに最適なギフト

母の傘寿祝いに最適なギフト、と言う女性

次に傘寿祝いに贈っても良いものになりますが、あくまでも80歳になった時にこれからの健康を祝いための行事としてプレゼントしますから縁起物を考えてください。

傘寿という言葉から分かると思いますが、傘をプレゼントするのが定番とされていまして、広げることができるので末広がりの意味も込められています。

80歳の方に贈ることになりますので、若い方よりも外出する機会が少なく、雨の日なら尚更出掛けませんので、

使える機会が少なくなる可能性がありますから晴れの日でも使用できるものを選択してください。

傘を選ぶ際にも他の人と被ったり、縁起を考えたりしないといけないので色や形は慎重に選びまして、安物過ぎないようにしましょう。

場合によってはいつも持ち歩くことが可能な折り畳み傘もおすすめです。

花束を持つシニア女性のイラスト

最近、人気が高くなっている贈り物としてあるのが似顔絵ギフトになります。

本人の顔を似顔絵にして、完全なオーダーメイドで発注しますから世界で一つしかない絵になりまして、そこに普段からの感謝の気持ちを込めたメッセージを添えます。

場合によっては家族全員が一緒に描かれているものも良くて、子供や孫たちと一緒に描かれているものだと記念になり、いつまでも部屋に飾っておくことができるでしょう。

花言葉を考えて花を贈りたいと考えているけど、贈ったあとの管理が大変だし、いつか枯れてしまう花を贈っても良いのだろうかと悩んでいる方は実は多いです。

そういう時におすすめになるのがプリザードフラワーになりまして、生花の水分を抜いて作られていますので数年の間は綺麗さを維持することが可能であり、管理する煩わしさがありません。

放置していても綺麗な花のままであり、水替えも鉢替えも必要がないので高齢者に最適であり、いつも自然と向き合うことができます。

どんな花にすれば良いかは、人それぞれのセンスや好みがありますが、人気になっているのが胡蝶蘭になりまして、花言葉は「幸福の飛来」で縁起が良いです。

その他にも生まれた日の新聞、名前入りのグッズ、毎日使える湯呑み、ゆったりする時に重宝する座布団や座椅子などが人気があります。

品物じゃなくて気持ちが大事だという方のなかには一緒に旅行に行ったり、食事会を開催されたりする方も多くいまして、明るく前向きになるようなものがとても喜ばれます。

 

お役立ち記事→傘寿祝いの母ににお勧めのプレゼント5選