還暦祝いをするのはいつがベストタイミング?

大切な人が還暦を迎える、となればお祝いしてあげたいものですね。

「でもいつお祝いしたらいいのか」ということでお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

こちらのページでは、還暦のお祝いのタイミングについてご提案していきます。

大切な人の人生の節目となる還暦を、心を込めてお祝いしてあげてください。

還暦祝いの意味合い

まずは還暦祝いの意味を考えてみると、お祝いのタイミングが見えてくるでしょう。

還暦は満60歳のお誕生日

多くの方がご存知のとおり、還暦は満60歳のお誕生日のことを指します。

60年したら自分の干支に戻ってくる…暦が一周して還ってきたという意味合いですね。

ですので、基本的には「特別ではあるが、お誕生日のお祝いである」と認識してもらえたら良いかと思います。

ではどのタイミングでお祝いするのが良いか

「特別なお誕生日のお祝い」であることはご理解いただけたと思いますが、ではどのタイミングでお祝いしたらいいのでしょうか。

そのタイミングを決めるのは「還暦を迎える方との関係性」が強く関わってきます。

次の項でその理由、どんな関係性ならいつお祝いしたらよいのかについて具体的にご提案します。

ただ1つ気をつけたいのはお祝いをする日の「六曜」です。大安とか仏滅とかいうアレですね。

お祝い事に向いているのはやはり「大安」です。大安が難しければ友引、もしくは先勝(ただし午前中が縁起が良いので午前中に)か先負(午後が縁起が良いので午後に)にしましょう。仏滅は避けたほうが無難です。

還暦を迎える方との関係性から考えるお祝いのタイミング

還暦を迎える方は多くの人に囲まれて生活しています。それを考慮に入れると「誕生日当日は避けたほうが良い」のか、「誕生日当日がベスト」なのかがわかってきますね。

還暦を迎える方が同居の家族なら

還暦を迎える方が、旦那様・奥様・お父様・お母様など、同居している近しいご家族である場合、「お誕生日の当日」にお祝いをするのがベストです。

朝起きたときに「誕生日おめでとう!還暦だね」と声をかけるのはもちろん、その場でプレゼントを渡しても良いでしょう。また事前に食事会などの計画を立ててあるなら、プレゼントを渡すのは食事会の時でも良いかもしれません。朝はみんなあわただしいので、ゆっくりできる時間に渡すのも良いですね。

還暦を迎える方が別居の家族なら

今は仕事などの関係でご両親とは離れて暮らしているというケースです。

こういった場合は、いくつかタイミングを考えることができます。

遠方に住んでいるため、年に数回しか会えないという場合は

  • 年末年始やお盆など、会えるときに直接プレゼントを渡す
  • 直接会うことは出来ないので、誕生日当日に届くようにプレゼントを送付する

このどちらかが良いでしょう。

会える時にプレゼントを渡す場合でも、誕生日当日に電話などでお祝いの言葉を伝えられるとより良いですね。

また、還暦を迎える方は「お祝いなんてしなくていいのに」と言ったとしても、内心楽しみにしているものではないでしょうか。ですから「今度還暦だよね、お祝いしたいと思っているんだけどいつならいいかな?」と早めに声を掛けると良さそうです。

 

別に住んではいるが、仕事の休みの日などには会いにいける距離であるなら、誕生日に一番近い会える日にプレゼントを渡しに行く形でも良いでしょう。還暦を迎える方にとってはプレゼントを贈ってくれる人の顔を見たいものですからね。

その場合でも、誕生日当日にはお祝いのメッセージを伝えましょう。

他にも「還暦を迎える年のお正月に還暦祝いを行なう」のも良い方法です。お正月は親戚が集まりやすい時期ですし、昔であれば「元日に全員年をとる」(数え年の考え方)ので、お正月は還暦のお祝いにピッタリのタイミングなのです。

また、家族で旅行に行くことをプレゼントとして計画するならゴールデンウィークやシルバーウィークがオススメです。暑すぎず寒すぎず気候が落ち着いていますし、大型連休なのでお互いにまとまった休暇を取りやすいですからね。

還暦を迎える方がお友達なら

会いに行ける距離のお友達であれば、還暦のお誕生日の当日にプレゼントを渡しに行くのも良いでしょう。ですがご家族で集まる予定を立てているかもしれませんので、お誕生日に近い日程で他に会う予定があれば、その時に渡すのが良いかもしれません。そのほうが返って相手に気を遣わせずにすむ場合もあります。

友達同士で集まって食事会をするのも良いですね。その場合も会う予定の日に合わせて決めましょう。

還暦を迎える方が仕事関係の方なら

仕事関係の方が還暦を迎える場合は、仕事で会う予定の時にプレゼントを渡す形で良いでしょう。

近しい上司であれば毎日のように職場で会うでしょうから、上司の誕生日当日の朝にプレゼントを渡しましょう。もし誕生日当日が土日であったり、上司が出張で不在などという場合は、誕生日よりも前に渡すのがオススメです。

同じ部署の人同士が集まって食事会を開くというのも良いアイディアですが、誕生日当日は還暦を迎える方にとって、もっと親しい人との予定が入っているかもしれません。そちらの方との約束を優先してもらえるように、時期を少しだけずらすとスマートでしょう。

ずらす時期は仕事の忙しさなども考慮に入れ、あまりずれすぎないようにするのが良いですね。

まとめ:還暦祝いに最適な時期を見極めてお祝いしよう

還暦を迎える方との関係性に注目して、還暦祝いに適したタイミングを提案させていただきました。

それぞれのご家族・関係に事情があるものですが、大切なのは「還暦を迎える方に喜んでもらえるお祝いを」ということですね。

そこさえ忘れなければきっと良い還暦のお祝いができますね。想い出に残る、素敵な還暦を迎えてもらえるように工夫してみてください!

こちらの記事もおすすめ→還暦から始まる新しい人生の門出を祝って