還暦祝いに添えるメッセージの書き方と文例

大切な人が還暦を迎えるとき、メッセージを添えてお祝いするのはいかがですか?

きっと喜んでいただけると思います。

でも普段から手紙やメッセージカードなんて書かないから、一体何を書いたらいいのだろう…と困ってしまう場合もありますね。

こちらのページでは、還暦のお祝いに添えるメッセージの書き方、具体的な文例をご紹介します。

お気に入りのメッセージが見つかったら、ぜひ還暦のお祝いに活用してください!

還暦祝いの意図

まずは、還暦祝いの目的や意図について理解を深めましょう。

ますますの活躍と健康を願う

還暦というのは満60歳の誕生日のことですね。

暦(こよみ)は60年(十二支と干支の組み合わせが60個あるため)で一周めぐることになっていますので、暦が一周した=60歳もの長寿を迎えることができたというお祝いです。生まれ変わったつもりで以後も健康でいてください、というお祝いなんですね。

昔であれば60歳は大変な長寿だったのですが、現代ではまだまだ意気軒昂な方がほとんどですから、「長生きおめでとう」というよりは「これからもますます元気で、楽しめることをたくさんしてください。健康でいてください。」というメッセージがふさわしいでしょう。

年寄り扱いはイヤがられることも

60歳というと仕事を定年退職なさる方もいらっしゃることから、「これからは無理せず」などという言葉を使ってしまいがちですが、上でもご説明した通り、現代の60歳と言えばまだまだ頑張れる年代ですので、「年寄り扱いされた!」と思わせるメッセージは避けたほうが無難です。

還暦祝いに添えたいメッセージの書き方

メッセージカードは出来れば市販のものを用意しましょう。今は動画を添えることができるメッセージカードもついていますので、そういったものを用意するのも楽しいですね。還暦を迎える方と遠く離れて住んでいるご家族などに特にオススメです。

そうでなければ便箋と封筒でも構いません。

ペンは特に決まったものはありませんので、普段使い慣れているもので良いでしょう。

そしてメッセージは出来る限り「手書き」で書きましょう。キレイな字が書けないから…と思う方もいらっしゃるでしょうが、ご本人の肉筆が最も喜ばれることは間違いありません。ご家族の方であればなおさらです。

どうしても抵抗があるので手書きはしたくないという場合はパソコンなどで打ち出しても大丈夫です。

メッセージの内容については、還暦を迎える方との立場によって違ってくると思いますので、立場ごとにアドバイスをしていきます。

ご両親であれば

ご自分のご両親、もしくは配偶者のご両親であれば、何よりもこれからの健康と長寿を願うメッセージがオススメです。

気の置けない間柄ですから、これまでのご活躍をねぎらう内容を盛り込むのもいいですね。そしてこれまでお世話になったことに対して感謝の気持ちも述べましょう。

普段は思っていてもなかなか書けないことですので、これがいいチャンスと思って書くと良いですね。ご両親は必ず喜んでくれます。

お友達・お知り合いであれば

近しい立場の方ならば、これまでの共通の想い出についてしたためるのはいかがでしょうか。

一緒に行った場所や一緒にした趣味のことなどを懐かしく思い出しながらお祝いのメッセージが書けると、きっと喜んでいただけます。

具体的なエピソードを盛り込むようにしましょう。

仕事関係の方であれば

とてもお世話になっている関係ですので、まずは日々の感謝を書きましょう。

その方の長所について触れるとありきたりで通り一遍なメッセージではなく、その方へのメッセージとなりますので喜んでいただけますよ。

お孫さんからであれば

小学生くらいのお孫さんであれば、率直におじいちゃん・おばあちゃんに対する感謝の言葉を述べれば良いですね。

また、これからもずっと元気でいてね、という内容を添えましょう。

還暦祝いのメッセージ・具体的な文例

ご両親へ

文例1

お父さん(お母さん)、還暦を無事に迎えられたこと、おめでとう。

これまでずっとお父さん(お母さん)が私たちを暖かく見守ってくれたことをとても感謝しています。

おかげで私たちも立派に成長しました。ありがとうございます。

これからも元気で、ますます多方面に活躍してね。

文例2

お父さん(お母さん)、還暦おめでとうございます。

これからは人生の2周目と思って、自分が楽しめることに打ち込んでください。

普段はなかなか言えないでいるけど、本当に感謝し尊敬しています。いつもありがとう!

これからも健康で、充実した毎日を送ってね。

文例3

お父さん(お母さん)、60歳のお誕生日おめでとうございます。

これまで私たちのためにいろいろしてくれて、本当に感謝しています。ありがとう。

これからも夫婦仲良く、笑顔いっぱいで健康に暮らしてください。

近いうちに家族みんなで旅行にでも行きませんか?楽しみにしています。

文例4

お父さん(お母さん)、元気で還暦を迎えたこと、心よりお祝いしています。

私たちももっと親孝行できるように頑張っていこうと思っています。

これからも健康に気をつけて、いろんなことを楽しんでください。

お友達・お知り合いへ

文例1

還暦おめでとう!

同い年の○○さんが還暦を迎えたってことは私ももうすぐ還暦です。

一緒に行った△△旅行のこと、覚えていますか?みんなで集まって、また行きたいものですね。

○○さんの明るい笑顔が大好きです。これからも一緒にいろんなことをして楽しみましょう。

文例2

還暦を無事にお迎えとのこと、おめでとうございます。

いつも△△の活動ではお世話になり、ありがとうございます。○○さんのセンスには本当に感服しています。

これからもいろいろなことを教えてくださいね。健康で楽しい日々を送られることを祈っています。

仕事関係の方へ

文例1

還暦おめでとうございます。

普段の精力的な仕事ぶりからは全く年齢を感じさせない○○さんは本当に素敵な上司です。

これからも私たちをグイグイ引張っていってください!ますますのご活躍をお祈りしています。

文例2

60歳のお誕生日おめでとうございます。

普段から笑顔を絶やさない○○さんは我が職場にとっては大輪のヒマワリのような、欠かせない方です。

笑顔いっぱいの○○さん、これからもますます健康で、充実した日々を送ってください。

文例3

還暦おめでとうございます。

私が入社したときから一生懸命追いかけてきた○○さんの背中はいつも大きく、まだまだ追いつけそうにありません。

これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。健康に注意して、ますますのご活躍をお祈りしています。

お孫さんから

文例1

おじいちゃん(おばあちゃん)還暦おめでとうございます。

いつも一緒に遊んでくれてありがとう。前に△△したのがとても楽しかったのでよく覚えています。

これからも元気で、僕たちにもっといろんなことを教えてね。

文例2

おじいちゃん(おばあちゃん)60歳のお誕生日おめでとうございます。

いつも気に掛けてくれてありがとうございます。

これからも元気で、私たちの成長を見守っていてください。

還暦祝いにはメッセージを添えましょう

お祝いのプレゼントのことばかりで忘れがちなメッセージカードですが、案外カードに書かれた内容のほうが嬉しかった、なんてこともあります。

想い出に残る、素敵な還暦のお祝いを出来るように、ぜひ心のこもったメッセージカードを添えてください。

 

参考記事→還暦祝いに添えたい一言メッセージ!相手との関係別の書き方と注意点や寄せ書きの書き方