地ビール・発泡酒・第3のビール

地ビール

地ビール

特定地域にて限定量生産する小規模ビール会社による地域ブランドのビールのこと。

日本では緊急経済対策の一環として1994年4月の酒税法改正により、ビールの最低製造数量基準が2000klから60klに緩和されたことを受けて全国各地に誕生した地域密着・小規模醸造のビール会社による、地方ローカルブランドのビールを指します。

英語圏ではクラフト・ビールとも呼ばれ、地ビールを醸造するビール会社や醸造所をマイクロ・ブリュワリーと呼びます。

多くの醸造所が、エール、ダークエール、ピルスナー、ヴァイツェン、ケルシュなど数種類のスタイルのビールを醸造しています。

醸造所は、全国で200カ所前後あります。緩和後、一時は地ビールブームとなりましたが、次第に沈静化。。。

価格の安い発泡酒の攻勢を受けたことで、高価格の地ビールは一気に窮地に立たされることとなり廃業する業者も出るようになってしまいました。

実際に大手ビールメーカーですら地ビール提供のレストランを閉館せざるをえない状況になりました。

これは、日本では大手メーカーによるピルスナースタイルの大量生産が主流であるため他のスタイルの味が普及せず、加えて割高な少量生産では一部マニアにしか浸透しなかったためです。

地ビールは大手ビール会社の製品に比べると、販売価格が高い上に賞味期限も短く、当然製造量も少ないために経営に関してはかなり厳しいところが多くあります。

このため、居酒屋チェーン等の飲食店向けに特化した生産を行ったり、他の地ビール業者のOEMを行うなどして何とか生産を維持しているところも多くあります。

1980年代後半よりアメリカ合衆国にて、地方の小規模な醸造所やレストランに併設された醸造施設によって生産されるビールが人気を得ていたことが世界的な地ビール流行の流れとなりました。

それらの醸造所は、クラフト・ビール、マイクロ・ブリュワリーなどと呼ばれています。

日本の地ビール審査会

毎年、日本地ビール協会主催でジャパン・ビア・カップが開催されています。

この審査会で全ての地ビールの出来の優劣が決まるわけではありませんが、一定以上のスキルを持つ審査員によって審査されているためある程度の信頼はおけます。

なお、ジャパン・ビア・カップの入賞ビールは東京や大阪、横浜で行われるジャパン・ビアフェスティバル会場で試飲が可能です。

発泡酒

発泡酒

日本の酒税法で定義されている酒類の一つ。

日本の酒税法ではビールと発泡酒は区別して定義されており、麦芽・ホップ・水を原料として発酵させても「定められた副原料以外を用いる場合」はビールと認められず発泡酒に分類されます。

1990年代中盤以降日本で展開されている発泡酒は、主に麦芽比率の低いビール(ローモルトビール)の一種、またはビール風アルコール飲料でした。

通常のビールに比べると低価格ですが味が薄い、苦みが足りない等の「ひと味足りない」といった評価が多くありました。

一方、女性やアルコールを嗜まない層ではビールほど重くなくあっさりしていて飲みやすいという評価もされています。

また、麦、水、ホップと定められた副原料以外のものを使用したビールも日本では発泡酒に分類されています。

そのため、スパイスやハーブを用いたビールや、果実や果汁を用いるフルーツビールも「発泡酒」と区分されます。

発泡酒市場は1994年以降の市場形成以来2000年代前半までシェア拡大したことで、ビールの売り上げが減少傾向となり、アルコール飲料の売れ筋商品となっていましたが2度の酒税改正や第三のビールの登場による割安感の低下、ビール会社の事業方針変化などの要因により2000年代後半以降の市場は縮小化しています。

新ジャンルのビール風味アルコール飲料『第三のビール』において「リキュール」では原材料として発泡酒が使用され、それに小麦または大麦を原料の一部に使用したスピリッツを加える製法となっています。

アルコール飲料の中で、日本の税制に影響された内容や副材料を極端に多用した内容から日本独自のビール類似アルコール飲料で、日本国外メディアでは low malt beer や happoshu と紹介されることもあります。

発泡酒にて「生」の定義は、ビールの「生」の定義と同様に『熱処理をしていないもの』が該当します。

表示に関して「ビールの表示に関する公正競争規約」に該当せず他に規約がないため「生」商品でもビールのような「熱処理していない」旨の表記は行なわれていません。

地ビールの発泡酒版である「地発泡酒」も存在します。

第3のビール

第3のビール

ビール、発泡酒とは別の原料・製法で作られたビール風味の発泡アルコール飲料のこと。

この種の製品を生産するメーカー各社はビールとの誤認を避けるため新ジャンルと称しています。

「第三のビール」という用語自体はビール、発泡酒に続くことから新聞社や放送局などのマスメディア・広告代理店によって作られた用語です。

特徴としては、酒税法上「ビール」または「発泡酒」に属さない扱いにするために、

・原料を麦芽以外にする

・発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜる

という手法をとっているという点です。

前者の場合は法律上その他の醸造酒(発泡性)に、後者の場合はリキュール(発泡性)に分類されるために税率が下がります。

各メーカーはおいしさを追求した結果このような手法をとることになったとアピールしています。

第四のビール

これまでサントリーとアサヒのみが発売していたリキュール型ですが、2007年からキリンとサッポロも参入するのに伴いリキュール型が主要4社全てから出揃うのを受け、一部マスコミでは区別する意味合いからリキュール型を「第四のビール」と呼称するところも出てきています。

第三のビールにて「生」の定義は、ビールの「生」の定義と同様に『熱処理をしていないもの』が該当しますが、ビールの表示に関する公正競争規約の対象ではないため、基本的に「非熱処理」など熱処理していない旨の表記はされていません。

また、リキュールに分類されている商品は、缶チューハイと同様の規制を受けるため大手メーカーの商品では「生」の表記は行っていません。

メーカーはビールではないため「ビール」という名称を使うことはありませんが、基本的にビールの缶と類似のデザインで「泡」や「麦」や「ホップ」などの語や図案を配置したり商品名に用いることで、購入者が勝手にビールを想起するように配慮されています。

2003年の酒税法改正前までは、同法の規定でビールよりも税率が低く抑えられた発泡酒が売れ行きを伸ばしていましたが、同改正によって発泡酒の税率が引き上げられました。

この税率改正に伴う値上げのため、消費者が離れる事を懸念した各ビールメーカーは、より低税率・低価格になるよう麦芽以外の原料を使用して作った、もしくはビールや発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜて作った、ビールや発泡酒と同じような味わいのアルコール飲料の研究・開発に着手しました。

そして、2004年2月にサッポロビールが発売した「ドラフトワン」が麦芽以外の原料で作った製品の第一号となります。

それに続き2004年3月9日にサントリーからビールと麦焼酎をブレンドした「麦風」が発売。

その後、麦芽以外原料タイプのキリン「のどごし生」、アサヒ「アサヒ新生」が発売されました。

グラフ

第三のビールが勢力を伸ばしてくると、かつては安さが一番の特徴であった発泡酒の売上に影響が出てくるようになり、発泡酒のシェアが第三のビールに奪われていく形になりました。

2006年5月税収不足に苦慮している国税庁は「第三のビール」に該当する分類について、改正酒税法を施行し350ml缶で3.8円の増税となりました。

その反面、ビールに対する減税も行われました。

また、この改正により指定された原料や従来から存在した製法を用いた第三のビール以外の発泡性のある10度未満の酒類はビールと同額の課税がなされるようになった為に新たな原料や製法を用いた「第三のビール」が誕生する事は現実的に難しくなりました。

これまでキリンとサッポロは麦芽以外原料タイプのみの発売でしたが、2007年からリキュール型も発売開始し、主要4社全てから両タイプが出揃いました。

しかしアサヒビールは2009年に麦芽以外原料タイプから撤退しています。

2000年代中盤以降に韓国など日本国外でも第三のビールに該当する商品が誕生しており、価格が日本国内主要4社の商品と比べさらに安くなっていることから、2000年代後半以降輸入が伸び好評を博しています。

また、サントリーが大手流通チェーンのプライベートブランドとして、イオンとセブン&アイ・ホールディングスへの製品の供給を2009年から行っています。

酒粕

主に通販でのご購入は楽天市場やヤフーショッピングでいろいろな地酒、地ビールが購入できますし、面白いのは最近人気が復活してきた日本酒の副産物の酒粕の販売です。

残念ながら地ビールで言う酒粕は麦芽かすと言われて現在は再利用の方法が確立できていないそうですが、バイオマスなどの新エネルギーで期待されている面もありますが、地方の地ビールは生産量が少ないので、新エネルギーまでうまく連携が出来ていない、量も少なく生かされていないようです。