還暦祝いの赤色にこだわったプレゼント

還暦を迎える方をお祝いしたい、印象に残る素敵なお祝いにするのはどうしたらいいだろうとお悩みの方も多いかと思います。

そんな時、せっかくの還暦ですので「赤色」にこだわったお祝いをするのはいかがですか?

こちらのページではどんな赤いお祝いがあるのか、いくつか提案させていただきます。これだ!という案を探してみてください。

還暦祝いに赤色が関係する理由

では、まずは基礎知識として「還暦といえば赤色、とされている理由は何か」をご説明します。

還暦の意味合い

還暦の意味はご存知でしょうか。

還暦は満60歳のことを指します。中国が発祥の考え方なのですが、「干支(えと)」というものがありますね。

普段私たちは干支は「子、丑、寅…」という十二支(じゅうにし)を思い浮かべますが実はそれ以外に「十干(じっかん)」というものがあり、十二支と十干を組み合わせたものを「干支」と言います。

有名なのは「甲子園」の「甲子」ですね。甲子園は1924年(大正13年)に完成しました。この年は、「甲(きのえ)」と「子(ね)」が出会う「甲子(きのえね)」の年だったので、甲子園と名づけられました。

その干支は60の組み合わせがあるので、一巡するのに60年かかります。それで満60歳の誕生日は暦(こよみ)が還ってきたという意味があるのです。

還暦と赤色の関係

赤色は魔除けの意味を持っているとされています。神社の赤い鳥居にはそういう意味もあるのです。

よって、還暦の方にこれからも災いがふりかからず、健康で過ごしてもらいたいという思いを込めて赤い色のものを贈るのが慣わしとなっています。

還暦のプレゼントには避けたほうが良いもの

こちらでは還暦のプレゼントとしては向かない、避けたほうが良いものをご説明します。

昔であれば「人生50年」でしたので、還暦(=60歳)といえば大変な長寿でした。

ですが今は平均寿命が70台になっている時代、60歳の方はみなさんとてもお元気ですね。ですので、「年寄り扱い」しているようなアイテムは避けましょう。

具体的な例としては、杖、補聴器、老眼鏡などです。ご本人がそれを必要としている場合は別の機会にプレゼントしてあげましょう。

赤い色の還暦のプレゼント5選

ではこちらの項で、具体的にプレゼント案をご紹介していきます!

赤い色の還暦のプレゼントその1:赤い花

お祝いと言えばお花ですね!

花であれば赤いものはたくさんありますので、還暦を迎える方の好みに応じて選ぶことができます。

花と言っても今は様々なものがありますので、これからご説明していきます。

フレッシュな生花

まず代表的なものは、一般のお花屋さんで購入できる生のお花です。

種類も豊富ですし、その日にすぐに手に入れることのできる手軽さがあります。ただ残念なことに数日経ったら枯れてしまいます。逆に「消えものが気を遣わなくていい」という場合には適しています。

ただ、あまりにも大きな花束は相手の方が持ち帰るのに大変ですし、ご自宅に大きな花器が無い場合も多いですから気をつけましょう。

また香りの強い花(百合など)も人によっては強い香りで体調を崩してしまうのであまりオススメできません。

鉢植えの花はしばらく花を楽しめますが、これも重たくなりがちなのと、枯れた後の処分が大変な場合もありますので注意が必要です。

一番のオススメは「フラワーアレンジメント」で、かごに切花が美しく飾られたものです。これなら軽いですしお手入れも簡単です。

プリザーブドフラワー

生の切花に特殊な加工を施し、1年~2年ほど長持ちさせることができる花です。

生の花を加工したものなので、見た目はフレッシュな花と見分けがつかないほどです。ですが生花に比べて高価になります。

枯れてしまうのは残念だという人にピッタリな贈り物です。

光触媒のアートフラワー

こちらはいわゆる「造花」です。布やプラスチックなどが原料となっていますが、最近のものはどれもとても精巧に作られていますので「いかにも造花」なものは少ないです。その造花に光触媒の加工がされているものが人気で、これは光にあたると表面にコーティングされた酸化チタンが空気中の臭いや雑菌を分解してくれます空気を浄化してくれる作用があります。

見た目もキレイですし、手入れも簡単なのでオススメです。ぜひ美しい赤いものを選んでください。

ハーバリウム

最近流行している花のインテリア小物です。瓶の中にアートフラワーやドライフラワーを入れ、それを特殊なオイルで封入したものです。

オイルの中の花は独特のキラキラした雰囲気をしており、非常に人気の高いアイテムです。およそ1~2年美しさが保たれると言われています。たいていは小さな瓶に入っていますので、持ち運びや置き場所に困るものではないのでオススメです。

赤い色の還暦のプレゼントその2:赤いちゃんちゃんこや服

やはり人気なのは赤いちゃんちゃんこでしょうか!ただこれは注意が必要で「60歳だからといって年寄り扱いされたくない!」という人はいやがるプレゼントになってしまいます。相手の気持ちを尊重して選びたいですね。

ちゃんちゃんこだと「いかにも」すぎるとお考えであれば、赤いTシャツや赤い下着なども販売されています。こういった肌につけるものを贈るのは親しい人だけにするのが無難です。

赤い色の還暦のプレゼントその3:赤い小物

オシャレに気を遣う方であれば赤色の小物はどうでしょうか。

赤色のストールや赤色のスカーフは、顔色を明るく見せてくれますので女性に華やかさを添えてくれます。

実用的なものが好きな方であれば、赤色の手帳、赤色のキーホルダー、赤色のバッグ、赤色のめがねケース、赤色の傘、赤色のスマホケースなどもオススメです。

お酒が好きな方なら、やはりここは赤ワインでしょう。他に赤い江戸切り子のグラスなども人気があります。

お料理が好きな方なら赤色の鍋やフライパンのセットも楽しそうですね。キッチンが一気に明るくなりそうです。

赤い色の還暦のプレゼントその4:赤い食事

食事会を開催するなら、赤い食べ物をそろえるのはいかがですか?

前菜は赤いトマトや赤パプリカを使ったもの、メインは赤い牛肉でしゃぶしゃぶ、赤いお刺身、赤いタイの塩焼き。イタリアンがお好きなら赤いピザやパスタなども楽しいですね。お酒はもちろん赤ワインか、お酒が飲めない方であれば赤いジュースを探しましょう。

デザートも赤いイチゴの乗ったケーキなど、赤いものでそろえたらきっと場も華やぎますし話題にも困らない楽しい食事会になると思います。

他にもテーブルに赤いクロスを敷く、赤い食器をそろえる、赤い花を食卓に飾るなど、ちょっとしたヒントで楽しい「赤色にこだわった」食事会を催せそうです。

ただし食べ物関係は「食物アレルギー」と、「健康上食べないもの」があるかどうかに注意しましょう。

アレルギーがあればもちろん食べられませんし、肥満や糖尿病を気にしてこれは食べない、といったようなタブーがある場合があります。

赤い色の還暦のプレゼントその5:赤いインテリア

赤色のインテリア雑貨を贈って飾っていただくのもいい思い出の品となりそうです。

赤色のテディベア、赤色の写真立て、赤色の壁掛け時計などがあります。絵画がお好きな方であれば赤色をメインに使ったリトグラフなどもいいですね。

他にも赤色のワイングラスのセットやお皿、赤色のクッションなどもおうちが華やかになりそうですね。

まとめ:赤色にこだわった素敵な還暦のプレゼントを選ぼう

いくつか具体的にご提案させていただきました。

還暦を迎える方との関係やお好みに合わせて、喜んでもらえそうな赤い色のプレゼントを選んでください!